ほぼ毎日一枚立ち撮りフォト by Jose (簡易版は↓)

2017 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

景山公園にて 北京

2006/10/28(Sat) 15:52
10月15日のパチリ。景山公園は人工的に作られた海抜108mの山。故宮のすぐ北側にあり、北京の四方を一望するならこの山なのだ。
続きはこちら

故宮 北京

北京200610 コメント:0 トラックバック:0

胡同 フートン 2 20061013-18

2006/10/24(Tue) 06:38
13日のパチリ
続きはこちら

胡同

北京200610 コメント:0 トラックバック:0

天壇 北京 20061014

2006/10/23(Mon) 01:47
14日のパチリ。ここは2回目だが同じところからのパチリがほとんどである。唯一このポイントのみ初めてかな?。

続きはこちら



天壇

北京200610 コメント:0 トラックバック:0

琉璃廠リューリーチャン20061014

2006/10/22(Sun) 23:39
14日のパチリ。琉璃廠リューリーチャン)は天壇からタクシーで15元ぐらい。風邪じゃなければブラブラ歩きにはちょうど良い距離。書画骨董街で清代の再現した街、として知られている。この街から前門にかけても胡同だ。

続きはこちら

琉璃廠(リューリーチャン)

北京200610 コメント:0 トラックバック:0

胡同 1 北京 200610

2006/10/20(Fri) 15:36
北京は小道・横道に入れば、そこは胡同。昔のままもあれば、モダン風に改装しているのもある。オリンピックまでに多くがビル群に変貌するのだろう。以前入れなかったトイレも最近は綺麗なのが出来だし幾つかの地域の胡同は道・トイレ・表壁などの改装レベルで綺麗な胡同として残されるのだろう。
絵は元々のショップ。
続きはこちら

DSC_9921b8.jpg

北京200610 コメント:2 トラックバック:0

楽しむ人・人  北京 200610

2006/10/19(Thu) 15:26
公園や広場ではご承知の通り多くの人達が集まって思い思いの趣味を繰り広げ、同好の人達の大集団が出来上がる。

続きはこちら

DSC_9982b8.jpg

北京200610 コメント:2 トラックバック:0

北京ダックのアテ 北京にて 20061017

2006/10/17(Tue) 00:16
今北京はオリンピック絡みでソコラ中が工事である。メイン道路から目に入るところは、すべて、と言っても良いくらい、「綺麗」なるはずだ。大公園の周りをもう一重に公園、残す胡同も道・壁なども補修中。
北京最後の夕食は北京ダック。今もナンバー1を保っている?「北京大董焼鴨店」。前にも行ったが今回は2号店に行く。予約などまったく持って役に立たない店なので入り口は大混雑。外国人と「俺を誰だと思っているのか」と豪語できる中国人がターゲット。ダックの皮を砂糖で食べるのはもちろんだが、ダック以外のメニューがグットなのだ。お陰で動けなくなったころダックが出てくる。デザートはもう飲み込むだけだ。
ビールの後、いつも白酒なのでこの日は黄酒にした。
満腹メニューはこちら





DSC_0233b8.jpg


手前の磁器は熱燗用のセット。杯・徳利・お湯入れの3点セット。市内で探すより、空港で買うほうが良いかも。1000円。
北京200610 コメント:1 トラックバック:0

茶芸館 北京にて 20061016

2006/10/16(Mon) 23:03
この日はスターには会えなかったが北京で有名な演劇大学近くの胡同をブラブラ。夕刻、ラマ寺・雍和宮近くの「茶芸館」に行く。蝋燭の明かりと静寂さが騒々しい北京にいることを忘れさせてくれる。茶芸というからにはそれなりの作法がある。

続きはこちら



茶芸館

北京200610 コメント:0 トラックバック:0

ビールと月餅、北京にて 20061015

2006/10/15(Sun) 23:39
この日は近くの景山公園にタクシーで行った。風邪じゃなければ歩くところだ。北京に来てからの足はすべてタクシー。10元から20元ぐらいだ。停滞が酷く倍近くになるときもある。ここも2回目だ。お月見は何処の国でも同じで月餅を食べた。

DSC_0128b6.jpg

DSC_0117b6.jpg

北京200610 コメント:0 トラックバック:0

BOW MORE と VIKINGFJORD北京にて20061014

2006/10/14(Sat) 23:17
風邪が益々酷くなる。朝のバイキングで鱈腹食べた後。サーズ騒動の時には売り切れだったという漢方を熱湯で溶かし2袋飲む。この日は前にも行っている天覧と骨董と書関連の琉璃チャンと胡同をお散歩。夜はスコッチとノルウェイーのウオッカで風邪を消毒。




DSC_9976b6.jpg

DSC_9979b6.jpg



DSC_0065b6.jpg

北京200610 コメント:0 トラックバック:0

SARKLING ICE WINE 北京にて20061013

2006/10/13(Fri) 23:00
13日、10時のANAで慌しく北京へ。貸し出しの携帯電話が準備されてなく、出発間際の機中で受け取る。今回は中華系の王府井大飯店。ファイアットより少し北側で景山公園に近い。写真はとりあえず「食シリーズ」でアップ。この日の飲み物はカナダ産のSARKLING ICE WINE 。美味である。



SARKLING ICE WINE

北京200610 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

jose

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

翻訳:español =スペイン語

RSSフィード

ブログ検索

リンク