ほぼ毎日一枚立ち撮りフォト by Jose (簡易版は↓)

2017 / 04
03≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫05

北京お散歩--ディスプレイ--20070412

2007/04/13(Fri) 13:27
本日日本へ帰国。何と夜の関空、大阪空港行きのバスが1時間に1本。
バスが止まっていたのでラッキー、と思った途端発車。ボクの前で子供連れの外国人がバスを叩くがそ知らぬ顔のスタートだった。
宅急便にカバンを預け、JRの切符を買ってホームに行くと事故のため列車が来ず、急いで南海電車に飛び乗り、難波・梅田で乗り換え家に着いたのは午前様になっていた。
通常ならバス1時間、タクシー15分、22時過ぎには帰宅していたはずなのに。

昨日のパチリ。レストランのエントランス装飾。台湾発・アメリカでヒット・今北京でも人気、だとか。蟹味噌いりが美味。

続きはこちら

D2C_9858b8.jpg

北京雲南20070328-0413 コメント:0 トラックバック:0

北京お散歩--デジカメばあさん--20070412

2007/04/12(Thu) 13:18
北京最終日。お散歩の後昼食は三里屯付近のタイ料理、パンやカフェに入り、夕食は今流行のショウロンポウの店。

続きはこちら

このばあさんたちに呼び止められ、カメラが動かない、電池を換えてくれ、と言われて、はいはいと言ったのはいいが、電池のサイズが違っていたので、入らず。


D2C_9790b8.jpg

北京雲南20070328-0413 コメント:0 トラックバック:0

北京お散歩--夜桜見物--20070411

2007/04/11(Wed) 23:18
定例お散歩。夜は夜桜見物に出かけた。

続きはこちら

北京 夜桜

北京雲南20070328-0413 コメント:0 トラックバック:0

雲南最終日-昆明-20070410

2007/04/10(Tue) 23:05
朝食はホテルのバイキング。今晩の20時発の飛行機まで、雲南の疲れはホテルで取り去るべく、ホテル内でのんびり。チェックアウトも14時にしてもらい、尚且つその後はエグゼクティブルームを貸してもらい、17時30分ホテルの車で昆明空港まで送ってもらった。北京着0時。

続きはこちら


D2C_9681b8.jpg

北京雲南20070328-0413 コメント:0 トラックバック:0

大理蒼海ゴルフリゾート20070409

2007/04/09(Mon) 23:25
今日は昨日の下見でプレーを決定した観光寺崇聖寺三塔の横に広がる大理蒼海ゴルフリゾート、英語ではDALI STONE MOUNTAIN GOLF。蒼山山脈の裾野に洱海を見下ろす大理の街一望のコースで眺めは最高。
飛行機が取れなかったので午後早めのバスで昆明へ。大理--昆明は高速道路で小幅なアップダウンを繰り返しながらの4時間強の山下り。

昆明到着のバスターミナルは久々「中国」を感じた。到着広場はごった返し、ごった煮の状況でバス・タクシー・人が溢れ、おまけにマージャン台を置けるか、置けないかというバスとバスの狭い空間でマージャンではなく食事をしている、・・ここは中国だ。バスから荷物を引き出し確保するのに精一杯でフォトなし。

ホテルは昆明のはずれ、開発途上街の2年ほど前にできたという5☆ホテル。もちろん5星ホテルなので施設、部屋などはバッチシなのだが、従業員のサービスと態度と笑顔は最高だった。日本の高級ホテルも真似をして欲しいもんだ。ビジネスや団体がメインのようで食事はバイキングスタイルだ。西洋・中華・チョッピリ日本とバラエティーもあり、味もいける。

続きはこちら




大理蒼海ゴルフリゾート

北京雲南20070328-0413 コメント:0 トラックバック:0

大理の町20070408

2007/04/08(Sun) 16:02
大理は山の蒼山と湖の洱海を中心とした街で住民はペー族である。
今日は大理古城をブラブラし、昨日ホテルまで運んでもらった車をチャーター、洱海を中心とした大理観光となる。ペー族の住居、染色の村、偶然出くわした演奏会、ついでにゴルフ場の下見、などなど。

続きはこちら



大理

北京雲南20070328-0413 コメント:0 トラックバック:0

玉龍雪山ゴルフ倶楽部・麗江--20070407--

2007/04/07(Sat) 23:57
昨夜シャングリラから12時間をかけ再び麗江に戻り、今日は午前中玉龍雪山ゴルフ倶楽部でゴルフ、午後は大理へ向かう。3時間弱のバスの旅。夜の大理古城を散歩。

ここ玉龍雪山ゴルフ倶楽部は世界で最も高所、海抜3100mのゴルフ場なのだ。名前の通り玉龍雪山を見せたレイアウトで全長8548フィートのコース。

続きはこちら

玉龍雪山ゴルフ倶楽部

北京雲南20070328-0413 コメント:0 トラックバック:0

シャングリラから麗江へ20070406

2007/04/06(Fri) 12:20
6日、シャングリラから麗江へ戻るのだが幹線道路を使わず山中の道。バス道だと4時間半だがこの道だと6時間半、昨日と同じ車をチャーター。観光地など寄り道をして、落石だらけで賞味1時間は前を見ず、山の上を見るという運転で、12時間をかけ、麗江に到着。
この道筋にはイー族の村や有名観光地である白水台と虎跳峡がある。

続きはこちら

白水台

北京雲南20070328-0413 コメント:0 トラックバック:0

シャングリラ・チベット族式家庭の昼食20070405

2007/04/05(Thu) 22:56
シャングリラ2日目。朝食は西洋スタイル&バイキング。さぁて今日は郊外へ、と思うが草原もお花もまだ早い、と迷っているうちに昨日バスターミナルから旧市街を回ってホテルまで運んでもらった車が到着。
先ずは電力村へ。続いてピタ海を取りやめ温泉へ。遅い昼食はチャーター車の若者の家でチベット族式家庭の昼食。夜はシャングリラの新市街で夕食。

続きはこちら

絵はチベット族のダイニングキッチン&リビング
チベット族の昼食

北京雲南20070328-0413 コメント:0 トラックバック:0

シャングリラ・松賛林寺20070404

2007/04/04(Wed) 23:50
朝9時10分のバスでシャングリラに向かう。おニューのバスターミナルではお出迎えなどのイベント開催中。前日に予約したので最前列の席で眺め、good。途中落石で急停車&即バック、5分間は様子見状態もあり、の道。約4時間半。午後シャングリラのセンターをブラブラ、市内バスで寺院へも行き、夕食はホテル。

続きはこちら

シャングリラ 松賛林寺

北京雲南20070328-0413 コメント:2 トラックバック:0

麗江古城20070403

2007/04/03(Tue) 22:42
麗江3日目。見ていないのが麗江古城なので古城内のホテルを取り、束河古城からホテルの車で移動。途中オープンしたばかりのバスターミナルにより明日のシャングリラ行きの切符の手配をする。麗江古城では万古楼・木府・四方街などお決まりのコースをブラブラ。
続きはこちら

麗江古城

北京雲南20070328-0413 コメント:0 トラックバック:0

麗江郊外・玉水寨のトンパ教のお寺20070402

2007/04/02(Mon) 14:01
午前・午後、半日チャーターのタクシーを変えながら近場スポットまわり。「ロバで湖まで」は青々とした草原もないので入り口で取りやめ。
海がない、見たことがない人達にとっての湖は人気スポットなのだ。昆明でも同じことを感じたな。変わりに8kmほど入り込んだラマ寺に行き、麗江の中心地で買い物と食事、一旦束河村のホテルに戻り、午後、玉湖の村、トンパの玉水寨、樹齢500年の椿・玉峯寺、白沙を周る。
絵はトンバ教のお寺。
続きはこちら






トンバ教 麗江

北京雲南20070328-0413 コメント:0 トラックバック:0

麗江・束河村・スナップ20070401

2007/04/01(Sun) 23:40
昆明から飛行機で約1時間、麗江に到着。タクシーは束河古城と呼ばれる村の門で停車終了。ここで入場料を払いこの村に入る。電話をして荷物を取りに来て貰わなくてはならない。「地球の歩き方」には載ってはいないが騒がしそうな麗江古城よりはマシかなということでこの村に2泊した。これよりすべての宿舎は市内中心地をやめ、古城内又は入り口近辺のホテルにする。この村ではナシ族の家庭の夕食をオヨバレした。

続きはこちら


麗江・束河古城

北京雲南20070328-0413 コメント:0 トラックバック:0

雲南省・昆明20070331

2007/03/31(Sat) 23:02
北京を8時の飛行機で発ち、約4時間強。市内の中心地のHにチェックインし、市内をブラブラ。雲南民族村や博物館を越えたところの湖、海挭公園へ。ここのカフェの価格にはビックリ。夕食はキノコレストラン。


続きはこちら

昆明の町



昆明

北京雲南20070328-0413 コメント:0 トラックバック:0

うどんを作る人20070330

2007/03/30(Fri) 23:53
30日。見慣れた地壇公園周辺をブラブラ。公園の外回りの公園は完成。タコ上げ、声楽、楽器、トランプや麻雀ゲーム、お散歩の人で賑わう。
公園内はそれに加えて太極拳、踊りなど、それにイベント、今回は全国物産展、加えて衣料からカバンなどまで、日本企業発注商品まで、多種多様低価格販売。

続きはこちら

D2C_7297b8.jpg

北京雲南20070328-0413 コメント:0 トラックバック:0

北京 フートンのショップ20070329

2007/03/29(Thu) 23:40
28日北京着。今回は31日より10日まで雲南の麗江・シャングリラを気の向くままのスケジュールでの旅。先ずは北京。今日はフートン2ヵ所、最近人気だという西太后ゆかりの四合院レストランなど。

続きはこちら

絵はラマ寺近くのフートンのショップ

D2C_7088b8.jpg

北京雲南20070328-0413 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

jose

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

翻訳:español =スペイン語

RSSフィード

ブログ検索

リンク